だれでもトイレ地図

障害児、障害者が出かけるとき、大きな問題はトイレの問題です。

この頃、「だれでもトイレ」というものが、あちこちで見られるようになりました。
「多目的トイレ」「ユニバーサルトイレ」なども同じものです。

ユニバーサルデザインの考えに基づき、高齢者、車椅子利用者、子供連れ、オスメイトなど、
できるだけ多くの人が利用できるよう設計されたトイレです。

車椅子マークのトイレが見つかり、ほっとして、入ってみたら、
「入れない!!」「使えない!!」ということはしばしばあります。

「だれでもトイレ」は、「東京都福祉のまちづくり条例」の中にある用語です。
ただ、その中に、ベビーベッドまたは、乳幼児のおむつ交換の設備としか記述がな
く、
障害者のおむつ交換までは配慮されていません。

ユニバーサルベッドがあるところは少なく、ベビーベッドしかない場合も多いです。

重度の障害児・障害者の場合、かなり背中を倒した状態で座る車椅子のため、車椅子も長さがあります。

六本木ミッドタウンなど、新しい建物、施設では、ユニバーサルベッドのあるトイレも増えました。
首都の空の玄関口、羽田空港は合格!
(もう10年以上、海外旅行に行っていないので、成田空港はわかりません。)
もう一つの首都の顔、東京駅はまだまだです。

先日、障害者施設の外出行事で、東京駅に行きました。
東京駅構内の多目的トイレには、ベビーベッドしかありません。
そのため、救護室のベッドを使わせてもらわねばなりません。
ところが、救護室ですから、具合が悪い人がいたら、そちらが優先。
また、救護室は丸の内側にあり、八重洲側から向かうのはまた一苦労。

2020年の東京オリンピックまでには、本当にやさしい街になってほしいものです。
(最後のチャンス!、皆で働きかけて行かなくては!)

「誰でもトイレ マップ」というキイワードで検索したところ、「みんなでトイレマップを作ろう」というものがいくつかありましたので紹介します。お出かけの際は必須ですね。
みんなで協力して、トイレマップを作りましょう!!

みんなで作ろう多目的トイレマップhttp://wc.m47.jp/

こちらはリンクフリーで、リンクについての説明もあり、リンクバナーなどの記述もあります。

Check a Toiletみんなでつくる

ユニバーサルデザイントイレマップ

http://www.checkatoilet.com/ディング 1

February 28, 2019

「だれでもトイレ」は増えてきました。オリンピックが近づいてきたからでしょうか。

それでも、重度の障害児者がおむつ替えのできるトイレはまだまだ少ないです。

初めて出かけた公共施設に行くと、必ずトイレを見ます。

「こんなに広いのにユニバーサルベッドがない(涙)」とがっかりすることが多いです。

「ユニバーサルベッドとは何なのか」、「どうしてユニバーサルベッドが必要なのか」をイメージするのは難しいようです。

言葉だけで伝えるのは難しい。

そうだ!写真で見てもらおう!

というので、こんなものを作ってみました。

(写真はすべてスマホで写したものです。)

July 5, 2016

新宿ビックロ地下3階奥に、多目的シート(ユニバーサルベッド)のあるトイレ発見!

今日、たまたま、新宿にプリンターのインク買いにいったろころ、「だれでもトイレ」の文字が。

中がどうなっているかのぞいてみました。

正面に折りたたみ式の多目的シート(ユニバーサルベッド)が見えました。

引き出して使うタイプです。

中に入ってみると奥に便器と手洗い。オスメイトはないようです。

ベッドと便器の間は、車椅子がぎりぎり入るかという空間ですので、ベッドを使うには少々狭いかもしれませんが、充分です。(今日は一人だったので、実際の使い勝手はわかりません。)

他の階に車椅子用のトイレはないようでした。

Please reload

ひつじ企画

©Hitsuji-kikaku

All Rights Reserved.