ひつじ blog

バリアフリーな宿ってどんなもの?

「バリアフリー」な宿を検索しても、どうもよくわかりません。 我が家の場合、客室そのものは、車椅子で入れない位狭いなどということがなければ、和室でも洋室でも、大丈夫です。反対に、バリアフリールームのバスタブが狭く難儀をしたことがあります。目指したバリアフリーのイメージが、自分で車椅子を動かして移動可能な障害者だったのでしょう。 バリアを一番感じるのはこの3つではないかと思います。 客室までのアクセス お風呂 食事 「バリアフリー」を謳っている宿ならば、①番目はまず、問題ないでしょう。また、玄関、館内に段差がないか、エレベーターがあるかを確認すれば、ほぼ安心です。 宿によっては、段差があっても大丈夫な場合があります。畳床の宿に泊まった時のことです。玄関から入って、一瞬「しまった!」と思ったのですが、宿のスタッフが慣れた雰囲気で車椅子のタイヤを拭いてくれました。それが、とても自然な感じで、とても快適な旅となりました。 お風呂に関しては、部屋に広めの風呂があるか、貸切家族風呂があるというのが、条件になります。 食事に関しては、障害の状態により、求めるものがかわってきます。ミキサー食を食べていた時は、時間がかかること、再調理の必要から、部屋食(または個室での食事)、あるいは、ミキサーを使って他のお客様の邪魔にならない席(ミキサーの音が大きい)を希望していました。今は、経管栄養なので、その心配はありませんが、ネット予約システムでは、部屋と食事がセットになっているので、一人分不要という交渉が別に必要になります。 忘れてはいけないもう一つ重要なポイントは、費用の面です。条件の整った宿というのは

東京都休養ホーム事業

暑い!! 涼しい高原に行きたい!! 昨年の夏も、同じセリフを梅雨明けと同時に聴いた気がします。(セリフの主、いつまでたっても宿を予約するでもなく、あれこれ調べるのは…) 今年は、5月から6月にかけて、次男が肺炎で入院、その後なかなか本調子に戻らず。また、梅雨宣言後の天候不順もあり、夏休みという気分にもなれずにいました。ようやく、体調も回復、暑さもまた厳しくなってきました。そこで飛び出したのが、昨年と同じセリフ。 予定もチョコチョコ入ってきて、空いているのは、最もハイシーズンの時期。こんなに出遅れて、どこかに行けるのでしょうか。 次男の体調を考えると、遠出はできないけれど、関東平野は広いので、涼しい高原は遠いのです。 妥協できる時間距離で探してみますが、なかなか適当なところが見つかりません。(お値段とバリアフリーと、条件が難しい。) 今日はもう探すのやめようと思った時、「東京都休養ホーム事業」を思い出しました。 一昨年、東京都休養ホーム事業を利用し、清里に行ってきました。そういう施設ならば、きっと大丈夫だろう(もう、あれこれ調べるのにも疲れた)と。お値段もリーズナブル。なんとか、2泊確保できました。ほっ! しかし、あまりに直前、助成は受けられるのかしら? [結果報告] やはり、「締め切り過ぎています」と、そうだよね。「団体は利用日の3週間前、個人は利用日の2週間前まで」だそうです。 詳しくは「車椅子お出かけ応援サイト」の説明が一番よくわかります。上の冊子の表紙画像をクリックしてもリンク先に行けます。 次回は、早めに行動を起こそう!! でも、毎回ギリギリにならないと、決められません

Featured Posts
Archive
Follow Me
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Pinterest Icon

ひつじ企画

©Hitsuji-kikaku

All Rights Reserved.